吉川市体育協会

 会長 小山 健一




 本会は昭和33年に設立して以来、市民総ぐるみのスポーツ振興を図り、明るいまちづくりに寄与することを目的として各種事業を実施し、多くの成果を挙げて参りました。これもひとえに市民の皆様を始め関係各位の温かいご支援とご協力の賜と深く感謝申し上げます。さて、社会環境の変化による自由時間の増大や生活水準が向上し、さらには健康志向への一層の高まりなど、生活観・価値観の多様化が進んでいる中で、本会では心身ともに健康で充実した生活を営むため、生涯にわたり豊かなスポーツライフを送るために、だれもが、いつでも、どこでも、スポーツに親しむことができる生涯スポーツを推進し、健康な体力づくりを進めて おります。 そして、スポーツを通じて多くの人と人とが出会い、健康で明るい元気の和が拡大されるよう支援をしてまいりたいと考えております。 このホームページでは、本会が主催する主なスポーツ行事や大会の案内など色々な情報をお届けしていきたいと考えておりますので、ご活用いただければ幸いです。 今後とも、ホームページの一層の内容充実、発展に努めてまいりますので、皆様のご意見・ご要望、さらにはご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げ挨拶に替えさせていただきます。




 昭和33年体育協会創立当時の吉川町の人口は16,494人でありましたが、昭和48年武蔵野線開通を機に急激に人口が増加し、人口が50,000人を超えたことで、平成8年4月1日に市制施行し、平成20年4月1日現在では64,419人となりました。
このような中、公共施設として昭和63年5月に沼辺公園テニスコート、続いて吉川運動公園テニスコート、平成7年には県営吉川公園(野球場、サッカー場)、平成9年には旭公園球場が開設されました。
 当時の体育協会は、野球連盟、柔道連盟、剣道連盟、ソフトボール協会、バレーボール連盟、卓球連盟、レクリェーションクラブ、山岳愛好会、ゴルフ連盟、ソフトテニス連盟、JAC吉川、射撃連盟、バドミントン協会、少年野球連盟の14団体でした。その後、弓道連盟や学校体育連盟の加盟があり、現在の吉川市体育協会は、(平成24年4月1日現在)各種目24団体が加盟しています。
 吉川なまずの里マラソンについては、町内ロードレース大会を市制施行に伴い名称を変更し、今年で第17回目となりました。通算して51回目の開催となり参加者も6,000名近くの大会に成長しました。
 市民体育祭は、昭和30年11月に第1回を開催し、平成23年までに通算57回目の開催となりました。市民が参加しやすい環境を作るため、市制と同時に小学校区単位で開催しています。また、体育協会の24団体においても市民体育祭種目別大会を毎年開催しており、市民のスポーツの振興に寄与しています。
 平成7年には、当体育協会の日頃の努力と功績が認められ、社会体育優良団体として文部大臣表彰を受賞しています。




昭和30年  第1回町民体育祭開催

昭和33年  吉川町体育協会設立準備会を設置し、吉川町体育協会を設立(初代会長に清宮辰雄

            氏)設立当時の加盟団体は、野球連盟、柔道連盟、剣道連盟。

昭和37年  第1回町内ロードレース大会開催

昭和60年  加盟団体数14団体(野球連盟、柔道連盟、剣道連盟、ソフトボール協会、バレーボー

            ル連盟、卓球連盟、レクリェーションクラブ、ゴルフ連盟、ソフトテニス連盟、JAC

            吉川、射撃連盟、バドミントン協会、少年野球連盟、弓道連盟)

昭和61年  第25回町内ロードレース大会開催(会場:関小学校・参加人数406人)

昭和62年  硬式テニス協会が加盟15団体となる。

昭和63年  沼辺公園テニスコートが開設される。

       空手道連盟が加盟16団体となる。

平成 2年   栄小学校校庭に夜間照明設備が設置される。

       学校体育連盟が加盟17団体となる。

平成 3年   吉川運動公園テニスコートが開設される。

       第30回ロードレース大会開催(吉川駅前スタート・参加者454人)

平成 4年   インディアカ協会、陸上競技協会が加盟19団体となる。

       少林寺拳法連盟が拳法連盟に名称変更。

平成 7年   国勢調査で人口50,000人を突破。

       吉川町体育協会が社会優良団体として文部大臣表彰を受賞。

平成 8年   市制施行。

       太陽光発電を取り入れた屋内温水プールが開設される。

       第35回吉川ロードレース大会を『吉川なまずの里マラソン』と名称を変更して開催

            (参加者2,729人) 
           
            第1回市民体育祭の開催(新たに市内7小学校を会場として小学校区大会を開催する)。

平成 9年  旭公園球場が開設される。

平成10年  サッカー協会が加盟20団体となる。

平成11年  前ソフトテニス連盟会長上仮屋一成が埼玉県体育賞を受賞する。

平成12年  第5回吉川なまずの里マラソン開催(会場:おあしす・参加人数3,573人)

平成13年   きらっと吉川21『健康福祉とスポーツのまちづくり』宣言。

平成15年   ソフトバレーボール協会が加盟21団体となる。

平成16年   第9回吉川なまずの里マラソンに高橋尚子選手が特別参加(参加者3,824人)

       第59回国民体育大会秋季大会彩の国まごころ国体少年女子ハンドボール大会を当市

            で開催。

        体育協会表彰式において吉川市出身で横浜Fマリノス所属の中澤佑二選手のJリーグ

            年間最優秀選手賞を称え特別賞を授与。

平成19年  水泳連盟が加盟、22団体となる。

平成20年  グラウンドゴルフ連盟が加盟、23団体となる。

平成24年  バスケットボール協会が加盟、24団体となる。

平成27年  ハンドボール連盟が加盟、25団体となる。





吉川市体育協会組織図




会長 小山 健一
副会長 森田 栄 羽角 早苗 山ア 満
理事長 小林 勝治
理事長 坂巻 敏人
会計 岡田 重久 長谷川 清
監事 増田 啓三郎 山田 秀夫
理事 山崎 秀春 大杉 次男 戸張 利幸
  長谷川 清 大和田 和子 星野 幸男
森田 京子 山口 隆史 赤出川 峯男
秋山 和利 岡田 正弘 北浦 靖司
郡司 勉 池田 寧子 山岡 礼子
岡田 幸子 加ア 勇 牧野 高士
戸張 義和 渡辺 眞二 飯島 繁
成本 直寛 鈴木 三四郎